手軽さと秘匿性で安心を得られる話し相手になってくれる

サイトメニュー

悩みを抱えてはいけません

電話する男性

気軽に利用できるのが魅力

高度に発達した情報化社会は、生活をより便利なものにしてくれます。しかしその一方でIT化の波についていけず、心身に不調をきたす人も少なくありません。職場や家庭などストレスを生じる場所は至るところに存在します。このようなストレスは、避けることのできない存在ですが、上手に適応していくことで心の安定を保っていくことができるようになります。しかし過剰なストレスは、さらなるストレスを呼び込みながら蓄積され、ある限界点を超えたときに心の病を発症することがあります。問題となるのはストレスを生じさせないのではなく、ストレスを感じていることに気づくことです。そのサインとなるのは、不眠症などの睡眠障害です。ストレスは自律神経の乱れを招いて睡眠の質を低下させます。十分寝ている筈なのに、朝に疲労感が残っている場合には注意が必要です。そのような症状が見られたら、趣味などに没頭して楽しいひとときを過ごせるよう、心がけましょう。もし自分だけでは対応しきれないほどのストレスを感じたら、決して無理をしてはいけません。過度なストレスを感じたら自分だけで判断せず、人に悩みについて聴いてもらうことが必要です。家族や友人、職場の同僚や上司に相談相手となってもらうのがよいのですが、そのような人が見当たらない場合もあります。信頼できる人が居ないと感じるのであれば、公共の相談機関に電話で相談してみましょう。これらの問題は、原因となるものが何なのかを特定するのは容易ではなく、軽はずみな判断をすると回復に差し支えが生じる場合があります。各相談機関では電話での相談内容によって、各分野の専門家から適切なアドバイスを受けることができます。

電話での相談窓口となるのは、主に保健所や精神保健福祉センターですが、NPO法人などが設けている窓口もあるので、積極的に利用してみましょう。電話では相手の顔が見えないのですから、普段口に出せないような深刻な悩みでも気軽に話せます。電話の後で適切な医療機関での診察を受けたり、カウンセラーとの面接に繋がれば、問題が完全に解決する日もそう遠くはありません。そして少々ハードルが高いかもしれませんが、心療内科やカウンセリングルームに直接問い合わせてみるという手段があります。専門医による治療や臨床心理士によるカウンセリングが目的となりますが、電話での相談にもある程度応じてくれるところがあるので、調べてみましょう。もし自分がうつ病などの精神疾患になっていたら、自然に改善することはないので、適切な治療を受けなければなりません。うつ病は複雑な要因が絡み合いながらストレスをきっかけとして発症します。憂うつな気分や意欲の低下が2週間以上続いたら要注意です。しかし中には本人がうつ病であることを自覚したがらない場合があります。そのような場合でも各相談機関では、家族や身近な人による電話相談を受け付けています。うつ病の患者を持つ家族の中には、患者の症状に振り回されているケースも少なくありません。そのような家族に対してうつ病患者への接し方など詳しいアドバイスが受けられます。さらに各自治体では、精神疾患を持つ患者の症状が急変した場合でも、24時間適切なアドバイスが受けられる相談窓口があるので安心です。