手軽さと秘匿性で安心を得られる話し相手になってくれる

サイトメニュー

気構えずに利用できる

看護師

本人でも家族でも利用が可能

心療内科や精神科で取り扱うような病気は、プライバシーに関わる問題なので、誰にでも相談できるというわけではありません。もしかすると、家族にも話すことができなくて、一人で悩み続けている場合もあるでしょう。そのようなときに役に立ってくれるのが、心療内科や精神科で治療するような病気を相談できる電話サービスです。余計な個人情報を渡さずに悩みを話せるため、プライバシーをしっかりと守ったまま相談ができます。うつ病や摂食障害などの問題はもちろん、漠然とした不安を感じているときにも利用ができるので、心につらさがあるのなら連絡を取ってみましょう。なお、電話サービスの素晴らしいところは、悩んでいる本人だけではなく、家族も利用ができることです。前よりも元気がなくなったり、普通ではないと分かるほど落ち込んでいたりするのなら、家族が代わりに電話をかけて相談するとよいでしょう。家族ならば、無理矢理病院に連れていくこともできますが、それが本人にとって最善とは限らないので、最初に専門家への相談を強くおすすめします。専門家ならば、家族が何をやればよいのか教えてくれるため、悩んでいる本人にとってベストな対処が行えるようになります。ちなみに、本人が利用しても家族が利用しても、電話は無料で活用できるので、困っているのならなるべく早く活用するようにしましょう。それは、心療内科や精神科で取り扱うような病気の多くは、早期に発見して早期に治療を始めることで、治るまでの期間が短くなるといわれているからです。

電話で心の問題を相談に乗ってもらって、話だけでは元に戻るのが難しいと感じたのなら、次に行うべき行動は心療内科や精神科があるクリニック(病院)へ通うことです。自身の気持ちを話すことも大切ですが、やはり薬を使った治療が重要な場合も多いので、ドクターに処方してもらいましょう。電話相談を行ったときに症状を伝えてえれば、どのようなクリニックに通えばよいか教えてくれるため、あれこれ迷う必要はありません。場合によっては、クリニックの名前も教えてくれるので、医療施設の選定作業が心の重荷になるのなら、電話で専門家に聞いてしまいましょう。なお、電話相談とは違って、クリニックの利用には予約が必要になるので、すぐに診てもらいたくてもいきなり訪れてはいけません。予約は電話をかけて行うのが一般的な方法なので、まずはお目当てのクリニックの番号を調べましょう。たいていの場合は、公式ホームページがあるので、そこに記載されている番号を利用すれば簡単に予約が取れます。公式ホームページが用意されていない場合は、クリニック名を検索すれば、全国の病院情報を載せている総合サイトがヒットするはずなので、そちらで番号を調べられます。予約さえ取れば、特別な準備をせずとも診てもらえるので、心療内科や精神科だからといって緊張せずにクリニックを訪れましょう。ちなみに、クリニックの場合も、悩んでいる本人ではなく家族が訪れて相談することも可能です。ただし、本人ではないので保険が適応されず、自費治療となるので、費用が心配ならば予約のときに確認しておきましょう。