手軽さと秘匿性で安心を得られる話し相手になってくれる

サイトメニュー

心の問題を話そう

通話

窓口で話してから医療機関にいこう

心に不調があり、精神科や心療内科を訪れたほうがよいと分かっていても、内科や外科とはイメージが異なるため、どうしても決心がつかない方もいるはずです。そのようなときは、いきなり医療機関を利用するのではなく、まずは電話で相談することから始めてみましょう。自宅にいながら、精神的な不調を相談できるため、医療機関を訪れるよりもずっと心理的負担が少ないです。もちろん、自宅で電話ができない状況ならば、外でプライバシーが保たれるところを見つけて、そこで相談するのもよいでしょう。番号さえ合っていれば、どの電話からかけても相談ができるので、自分自身が一番落ち着ける場所から利用するのをおすすめします。なお、電話で相談するときは、医療機関にかけるのではなく、国が用意してくれている窓口を利用しましょう。医療機関の場合はドクターではなく、一般のスタッフが対応するため、専門的な話はできない可能性が高いです。国が用意する窓口ならば、電話で対応してくれるのは、きちんと心の問題に対して学んだスタッフなので、困っていることをしっかりと話せます。昼間だけではなく、真夜中にも対応している窓口があるので、自身が利用できそうなものを調べてみて、かけてみましょう。なお、問題を話せる窓口は全国各地にあるため、自身が住んでいる都道府県の公式ホームページに必ず掲載されています。フリーダイヤルではないため通信料金はかかるかもしれませんが、それ以外の料金は一切は発生しないので、悩んでいるのならすぐにでも利用することをおすすめします。

国が用意してくれた窓口に電話をかけて、話を聞いてもらってスッキリとできれば、それだけで悩みがある程度解決できる場合もあるでしょう。しかし、話を聞いてもらっただけでは、解決しない心の問題を抱えている方もいるはずです。そのような方は、電話では治らないため、窓口への相談は無駄な行為だと感じるかもしれません。しかし、そのような窓口は話を聞いてくれるだけではなく、これからどのようなことをすれば、悩みを解決できるのが教えてもらえます。精神科や心療内科を訪れる不安も解消してくれるため、大きな悩みを持っている方も是非とも利用しましょう。対応してくれるスタッフは、これまでたくさんの方の悩みを聞いて解決してきたので、信頼できる相談相手だといえます。もちろん、医療機関の紹介も行ってくれるため、精神科に通うべきか心療内科に通うべきか迷っている方も便利に活用できます。なお、症状が重く、相談の段階を通り越して、今すぐにでも専門家に診てもらいたいと考えている場合もあるはずです。近所のクリニックを知っているのならよいですが、一度も利用したことがないため、まったく分からない方もいるでしょう。そのときも国が用意してくれる窓口が役に立ってくれるので電話をかけてみましょう。電話をかければ、夜間でも診てもらえる精神科や心療内科を教えてくれるため、ドクターに診てもらわなければ不味い方も救ってくれます。症状が重い場合はさらに酷くなると、指定された医療機関を訪れるのも難しくなる可能性があるので、早めに行動を起こしましょう。